VビームU

Vビームパーフェクタ

VビームU

Qスイッチヤグレーザー

Vbeam Perfecta(SYNERON CANDELA社)
波長595nm
パルス可変式パルス色素レーザー

血管腫や毛細血管拡張治療などの赤あざ治療に最も効果のあるレーザーです。

適応

赤あざ(血管腫)
赤ら顔
ニキビ跡【赤い色】

VビームUの特徴

波長(595nm)

血液の赤い色素(酸化ヘモグロビン)に最も吸収されやすい595nmの波長のレーザー光は周囲の組織に損傷を与えることなく、徐々に血管を収縮させ赤色を消していきます。
パルス色素レーザーの波長特性

パルス幅

VビームUは国内で最新のパルス色素レーザーです。
パルス幅を0.45msecから40msecまで調節できる新機能によって血管の太さや血液の流れる速さに応じた照射が可能です。また、レーザー照射径3,5,7,10mmが選べ大きさの異なる様々な血管病変に対応できます。10mm径のレーザー照射は深い血管にも効果を出すことができます。
VビームUのパルス幅の特性

可変式パルス巾によるエネルギーの変化

VビームUの疼痛緩和(DCDシステム)

皮膚表面を保護する冷却システム、DCD(Dynamic Cooling Device)を内蔵しており、-26度の冷却空気で皮膚表面を保護します。
DCDシステム(疼痛緩和システム)

VビームUとVビームの出力の違い

VビームUはさらに高出力の治療が可能です。
レーザーはスポット径が大きくなると皮膚のより深い層に光が届きますが、最高出力が低くなります。
同じレーザー照射面積(スポット径)でもVビームに比べて高いエネルギーを出せるため、今まで治りにくかった症状にも効果が期待できます。

最高出力
スポット径 VビームU Vビーム
5mm 30J/cu 15J/cu
7mm 20J/cu 15J/cu
10mm 10J/cu 7.5J/cu

お問合せ