フォトフェイシャル m-22

IPL、フォトフェイシャル m-22

フォトフェイシャル m-22

フォトフェイシャル m-22

m-22 Universal IPL(LUMENIS社)
フォトフェイシャル m-22

定評のある美肌治療機フォトフェイシャルの機能をさらに発展させた最新鋭機

適応

  • しみ(顔の広い範囲にある薄いしみ)
  • そばかす
  • くすみ
  • 小じわ
  • 赤ら顔

フォトフェイシャル治療の特徴

フォトフェイシャルとは、インテンシブパルスライト(IPL)という波長の幅の広い特性を持つ特殊な光が、しみ、ソバカス、くすみ、さらに赤ら顔や小じわ、毛穴の開きなどに穏やかに作用し解消させる光治療です。
治療後のダメージが少ないため、皮膚の変色や色素沈着がなくテープを貼ったり色素沈着を予防するクリームを使用する必要がありません。
治療後すぐお化粧も出来ます。
フォトフェイシャルの効果はレーザーに比べると穏やかなため、治療を繰り返すことで徐々に効果が高まっていきます。

フォトフェイシャルの波長特性

単一の波長のレーザー光に比べ500〜1200nmの幅広い波長特性を持っています。
皮膚に強いダメージを与えることなく、様々な皮膚の色素、水分などに影響を与えて穏やかな治療効果を発揮します。

最新のIPL治療機フォトフェイシャルm-22の特徴

これまでのフォトフェイシャルNatulightの機能をさらに進化させたm-22は、皮膚の状態に合わせたより細かな設定が可能になり、より安全に効果の高い治療ができるようになりました。

数種類のフィルターによる幅広い治療効果

フォトフェイシャルの波長特性

皮膚の状態に合わせ波長を変換するフィルターを替えて治療します。
フィルターによって目的に最も適した波長帯にピーク値を設定します。
フィルターの交換は小さなチップを替えるのみなので、1回の治療中に皮膚の部位によって適切なフィルターに変更することが可能です。

しみなどの浅いメラニン色素

560nm
560nm

赤ら顔など血管系

590nm
590nm
590nm
615nm

青あざのような深い層のメラニン色素

640nm
640nm
695nm
695nm

小範囲のもの

小スポット
小スポット

細やかな設定が可能

数種類のフィルターによる幅広い治療効果

肌質に合わせた正確な設定が自動的に可能になり、質の高い治療ができます。

m-22の特徴

m-22の特徴

OPT
(オプティマル・パルス・テクノロジー)

複数回のパルスに分割された光が均一に照射されるので、皮膚へのダメージを少なくしてターゲットのみに有効な熱エネルギーを与えることができます。

IPL(Intense Pulsed Light)とは

有害な紫外線をカットした優しい光です。
単一の波長のレーザー光に比べ500〜1200nmの幅広い波長特性を持っています。
皮膚に強いダメージを与えることなく、様々な皮膚の色素、水分などに影響を与えて穏やかな治療効果を発揮します。

IPL(Intense Pulsed Light)

IPL(Intense Pulsed Light)の波長特性

日常生活に支障がほとんどない。
黒くなる、赤くなるなどの皮膚の変化はほとんどありません。
治療以後お化粧や洗顔はいつも通りできます。

IPL(Intense Pulsed Light)とレーザーの比較

治療対象

レーザー 肌トラブル IPL
ルビーレーザー(694nm)/
アレキサンドライトレーザー(755nm)
シミ・ソバカス IPL
(500〜1200nm)
YAGレーザー(1064nm) 小ジワ
炭酸ガスレーザー(10600nm)/
YAGレーザー(1064nm)
毛穴の開き
ダイレーザー/KTPレーザー(532nm) 赤ら顔・血管拡張症

治療経過

レーザー IPL
1回(または短期間)の施術 期間 3〜4週間に1回の施術が目安
傷になる
(施術後ガーゼやバンソウコウを貼る必要がある)
Down
Time
No Down Time = 傷にならない
(施術後すぐの洗顔・メイクが可能)
痛みが強い 痛 み 輪ゴムでパチンとたたいたような痛み
麻酔必要 麻 酔 麻酔不要
ターゲット (例えば、シミ、赤ら顔だけ)のみを改善 施術後 顔全体を改善
(例えばシミ、赤ら顔だけでなく、肌全体を改善する)

よくある質問

Q1.フォトフェイシャルとレーザーは何が違うのですか?

A.レーザーは単一の波長の光のため、目的別に違うレーザーを使用する必要があります。レーザーがターゲットの細胞を破壊して治療するため、何らかのダウンタイムが生じることが多くなります。それに対して、フォトフェイシャルで使用するIPL光は、幅広い光の波長によって様々な治療効果をもたらすため、フォトフェイシャル1台でいろいろな目的に使用することができます。
また、光の特性が穏やかなため、ダウンタイムを生じることなく治療が可能です。

Q2.フォトフェイシャルm-22は従来のフォトフェイシャルとどこが違うのですか?

A.大型のサファイヤチップによるコンタクトクーリングとなり、赤みや痛みが少ない安定した施術が可能になりました。
フィルターの種類が多く、皮膚の状態に合わせたより適切な治療が可能です。
フィルターが小型化され、肌質に応じてフィルター交換が簡単に行えるので、より細やかな治療ができます。
スキンタイプや皮膚の状態に合わせて適切な治療設定を機械が選択してくれるので、安全で確実な治療が可能です。

Q3.フォトフェイシャルm-22治療の痛みは?

A.ピリピリする軽い刺激を感じますが、麻酔を必要とするような痛みはありません。

Q4.フォトフェイシャルm-22治療のダウンタイムは?

A.治療によるダウンタイムはほとんどありませんので、洗顔、お化粧はいつも通りしていただけます。赤みが出ても2〜3日でほぼ消失します。 しみの部分が多少浮いた感じの反応を起こしても数日で取れます。

Q5.フォトフェイシャルm-22治療を受ける上で注意することは?

A.強い紫外線を浴びた後は、皮膚のメラニン合成が活発になっていますので、予想外の強い反応が出ることがあります。治療の前後1週間は強い日差しは避けてください。

Q6.フォトフェイシャルm-22治療で皮膚にダメージは起こりませんか?

A.フォトフェイシャルの効果はレーザー光に比べて穏やかなため、細胞が破壊されて皮膚にダメージが残るような強い変化を起こしません。ただ、日焼けをした後は予想外の強い反応が出る可能性がありますので注意が必要です。

Q7.フォトフェイシャルm-22は何回すればよいですか?

A.最初3週間に一度5回の治療をお勧めします。その後は治療の効果をより確実にするために、1〜2か月に一度程度の治療を続けると皮膚のくすみ、張りがさらに改善していきます。

お問合せ